タグ:ZUIKO ED 14-54mm F2.8-3.5 Ⅱ ( 10 ) タグの人気記事

スカルツィ橋 Ponte degli Scalzi

f0203643_1975661.jpg
ヴェネツィア駅を出て目の前の通りを左手進むと直ぐに架かるスカルツィ橋


f0203643_198016.jpg
スカルツィ橋を昇り始めると橋の上からの景色に期待感が高まります。。。


f0203643_198334.jpg
駅の方から橋を昇って右手の運河の景色です。


f0203643_198597.jpg
そしてこちらが左手の運河の景色です。


f0203643_198164.jpg
橋の上から駅の正面を改めて振り返る景色。


駅を出て目の前に広がる光景と、このスカルツィ橋の向こうにどんな街並や景色が待っているのかと
ただただ期待感が大きく膨らむヴェネツィア散策の始まりの場所です。
イタリアの狭い道路事情とはまったく異なる交通環境で、自動車の乗り入れが一切無い街です。
入り組んでいる水路をボートやゴンドラ、水上バスで移動する意外はほぼ徒歩で移動します。
最初っから素敵過ぎる景色とマイナスイオンたっぷりの異国情緒に包み込まれます。

ランキングに参戦してみました^^
ご覧になって頂けたらポチっとして頂けると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by yusukerino | 2010-08-09 19:31 | イタリア(Italiana)

ヴェネツィア サンタ・ルチ−ア駅 Stazione di Venezia Santa Lucia

f0203643_65157100.jpg
Stazione di Venezia Santa Lucia

ヴェネツィア サンタ・ルチーア駅


イタリア本土からリベルタ橋(Ponte della Libertà)を渡るユーロスターの中から見える海の色が独特で
これからどんな景色が見えてくるかと言う期待感を抱きながら駅を抜けて外に出て見ると
目の前にはそれまで見て来てたイタリアの風景とはまったく違った街並が広がっていた。

f0203643_7244519.jpg
ここは海上都市。エアコンの効いていた列車から駅に出て直ぐはレンズや眼鏡が結露します。。。



ランキングに参戦してみました^^
ご覧になって頂けたらポチっとして頂けると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by yusukerino | 2010-08-08 07:15 | イタリア(Italiana)

ヴェネツィア Venezia

f0203643_10123754.jpg
ヴェネツィアを象徴する仮面が沢山売られてます。


フィレンツェから日帰りで撮影に出掛けられるヴェネツィアでした。
この日も快晴で気まぐれに撮り歩きに行ってきました。
NO FOTOって書いてある。。。今頃気がついた・・・><;

ランキングに参戦してみました^^
ご覧になって頂けたらポチっとして頂けると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by yusukerino | 2010-08-07 10:24 | イタリア(Italiana)

フィレンツェ5 Firenze5

f0203643_20495037.jpg
クーポラと呼ばれる赤い屋根の上にある展望台からフィレンツェ市内を一望できます。
画像をクリックして頂くとより大きく見れます。
ここに上がりきるまでに463段の長くて狭い階段を上がりきるの結構大変なんですが、その先に待っているこの景観を見れるとそれまでの疲れが一気に吹っ飛びます。(笑)みんなかなり長い時間をこの展望台で満喫して過ごします。眼下に広がる赤い屋根の統一感がとてもステキでした。

f0203643_20554169.jpg
直ぐ手前にもジョットの鐘楼の展望台に人が上がっているのが見えてます。
画像をクリックして頂くとより大きく見れます。
ここからの夜の景色を是非見に来たいと思いましたが、展望台に上がれるのは夕方までみたいです。きっと夜景もステキなんでしょうね〜。この展望台の足下にはあの壮大な天井画があるのかと思うと、一体この感動の連続をプロデュースしたのは誰なんだろうかと考えてしまいました。

f0203643_217414.jpg
ありのままの生活様式が世界中から観光客を呼び寄せている。
画像をクリックして頂くとより大きく見れます。
歴史的な建造物や街並の中には、きちんと一般庶民の生活が成り立ってます。フィレンツェシリーズ次回はそんな街並を少しずつご紹介していきます。

ランキングに参戦してみました^^
ご覧になって頂けたらポチっとして頂けると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by yusukerino | 2010-04-19 21:13 | 日常(Quotidiano)

フィレンツェ4 Firenze4

f0203643_7132591.jpg
外から見た赤い屋根部分の内側です。

クーポラと呼ばれる赤いドームの内側にも美しい壁画が書かれてました。その下のステンドグラスの直ぐ下は、展望台に上って行くルートにもなっているのです。内部の写真はどうも上手に奥行きを感じれる写真が撮れませんでしたが、雰囲気だけでも伝わればと思いUPしてみました。

f0203643_7191111.jpg
二重構造の建築方法で作られているドーム屋根。

完成して570年以上も現存されていて、未だに多くの観光客が展望台まで上り下りできる頑丈な建築を考えた建築家ブルネレスさんは本当に偉大ですよね。しかも頑丈なだけではなくとても芸術的なところがまた凄みを感じてしまいました。

f0203643_7342727.jpg
ドーム屋根下の方から写したドゥオーモ入り口付近。

実際の内部はもっと暗くて神妙な雰囲気に包まれていたのですが、セッティングが悪かったのか妙に明るく撮れてしまったました。まぁ内部を紹介し易いって事でお許しを。。。

f0203643_7374964.jpg
入り口から入って直ぐに目に付く大きな時計と壁画。

次回はいよいよ展望台から風景をご紹介します。フィレンツェを一望できる大パノラマの写真をUP
するつもりです。

ランキングに参戦してみました^^
ご覧になって頂けたらポチっとして頂けると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by yusukerino | 2010-04-16 07:40 | 日常(Quotidiano)

フィレンツェ2 Firenze2

f0203643_725647.jpg
街角から見えてくるドゥオーモ。人々が入っているとそのスケールの大きさが分かり易いですね。

f0203643_7272413.jpg
さらに近づいて撮影したドゥオーモの画像です。

f0203643_7311314.jpg
ドゥオーモの横にそびえ建つジョットの鐘楼。ここも414段の階段で展望台に上がれます。

f0203643_7341733.jpg
ドゥオーモ正面から右側に回った場所から撮影しました。麓の人々の大きさからさらにスケール感を感じます。

ランキングに参戦してみました^^
ご覧になって頂けたらポチっとして頂けると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by yusukerino | 2010-04-14 07:38 | 日常(Quotidiano)

フィレンツェ1 Firenze1

f0203643_7182121.jpg
花の聖母教会ドゥオーモ/カテドラーレ Duomo/cattedrale(Santa Maria del Fiore)

旧フィレンツェ共和国の宗教の中心地で、1296年から176年の歳月をかけて建設されたそうです。
約3万人が一同に会せる大きさだそうでして、外観も近づく程に圧倒的な迫力を感じさせてくれました。


f0203643_7252961.jpg
クーポラと呼ばれる赤い屋根の部分の上の白い部分が463段の階段で上る展望台

今日は午後から軽い気持ちでフィレンツェまで出掛けてみたのですが、見所が多過ぎて撮り歩ききれませんでした。
次回はもう少し早めに出発してゆっくり撮り歩きをしてみるつもりです。ちなみに今僕が滞在しているモンテカティーニテルメからだと電車で約1時間弱ぐらいでフィレンツェまで行けるので、何度か通ってみてフィレンツェを撮り尽くして見るつもりです。フィレンツェの写真は徐々にUPしていきます。

ランキングに参戦してみました^^
ご覧になって頂けたらポチっとして頂けると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by yusukerino | 2010-04-13 07:33 | 日常(Quotidiano)

ルッカ2 Lucca2

f0203643_7571921.jpg
この景観の中にキャッシュディスペンサーが。

自転車乗ってる女性の後ろにある黄色い壁の右側にある小さな窓みたいな所に、なんとキャッシュディスペンサーがあるのです。街の景観を損なう事無く、極自然に配置されている辺りがあっぱれだと思いました。

f0203643_821997.jpg
街中には一般家庭の入り口のドアがステキな趣で至る所にあるのです。

とにかく色々なドアがあるのですが、どれも重厚な趣を醸し出していて、歴史を感じさせるドアばかりでした。似た物もあるのですが、よく見てみるとどれもちょっとずつ違っていてしっかりと個性を持っていました。ドアだけを撮り歩いていても飽きる事がありませんでした。

f0203643_87533.jpg
何度か通り過ぎる度にお客さんが居なかったのですが。。。

このジェラード屋さんでちょっとした実験をしてみました。僕が通る度にお客さんが居なかったので、チョコレートのダブルを注文して店の前でベロベロ美味しそうに食べていると、釣られたお客さんが見る見る内に集まって来て大繁盛となりました。これ日本でも良くやっていた遊びなのですが、やっぱりみんな食べたい気持ちがあっても入り辛いお店とか雰囲気ってあるんだなと思いました。桜作戦は見事に大成功となりました。

ランキングに参戦してみました^^
ご覧になって頂けたらポチっとして頂けると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by yusukerino | 2010-03-31 08:12 | 日常(Quotidiano)

ルッカ Lucca

f0203643_0295051.jpg
ルッカの正面に見える城壁。この城壁の中に街が広がる。

今朝はイタリアに来て早々、5€紙幣を吸い込んで返してくれなかったコインランドリーに洗濯に。
待ってる間にイタリアで初めて稼働させる一眼レフで久しぶりの腕慣らしをしに街の散策をしました。
撮り始めるとやっぱり調子が出て来てしまい、気がつけば1時間半も撮影に没頭してしまいました。
慌ててコインランドリーに戻って洗濯物を取り出してから、一旦レジデンスに戻って再び出掛けました。
電車で20分程で行ける”城壁に囲まれた街”ルッカで撮影三昧をして過ごすのが今日のお題です。

f0203643_0374969.jpg
ロマネスク・ゴシック様式のドゥオーモ(イタリアではその街を代表する教会堂の事をドゥオーモ Duomoと呼びます。)

イタリアに来て初めての撮影散歩でドゥオーモを撮影するのは結構難しかったです。><;
一つの建物に対して撮影ポイントが多すぎてどれを主張させれば分かり易いのか迷ってばかりでした。
ドゥオーモの壁にある彫刻一つ一つにも、とても深い味わいがあってついつい時間を忘れて見入ってばかりいました。

f0203643_0574137.jpg
この彫刻はどんな意味があるのでしょうか?近いので次回はじっくり調べてみます。

ステキなドゥオーモの迫力に飲み込まれつつ、まわりの景色を眺めながら街中に入って行きました。
春休みに入っているので修学旅行生や一般観光客も沢山来ていましたが、平日だった事もありゆっくりと街並を撮影して歩けました。個人的には路地にとても魅力を感じながら撮り歩いてきました。

f0203643_1184431.jpg
路地には中世の雰囲気そのままに、庶民の生活感も漂っていてなんとも言えない魅力があります。

短い時間ではありましたけど、ルッカの街並を撮り歩いていて一番気になったのがドアです。特に路地に面している建物のドアには人の数と同じ位に、それぞれの特徴と味わいを兼ね備えていて、次回はルッカの路地にあるドアを取り集めてみようと思いました。良いテーマが見つかってとても楽しみになりました。

f0203643_135517.jpg
もっとも美しい建築と言われているピサ・ルッカ様式のサン・ミケーレ・イン・フォロ教会

中世の街並ルッカは被写体には事欠かない撮影し甲斐のあるステキな街でした。割と地味な観光地ルッカでこんなに時めけるイタリアの、これからの撮影チャンスにはさらなる期待が膨らみます。^^

ランキングに参戦してみました^^
ご覧になって頂けたらポチっとして頂けると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
[PR]
by yusukerino | 2010-03-30 01:13 | 日常(Quotidiano)

雨上がりの朝 Mattina dopo pioggia

f0203643_13221531.jpg
いつもの5階ベランダから

今回ギリギリで予約が取れたエールフランスの預け荷物と機内持ち込み荷物の規定があって
これまたTELで問い合わせてみたところ、渡航先がイタリアの場合は預け荷物が20kgで
その荷物の3辺の合計が300cm以内との事です。そして機内に自分で持ち込める荷物はと言うと
12kg以内で3辺の合計が115cm以内だそうです。さらに重量規定に対する超過料金と言うのがあって
日本発の時は1kg辺り30US$(≒2670円)、イタリア発だと1kg辺り30€ (≒3600円)だそうです。

今現在、預け荷物のスーツケースが半分で18kgあるので、超過料金を払うしか無い見通しです。><;
機内持ち込み手荷物も受諾荷物も大きさは規定キッチリに収まっているのですが重量は諦めます。
背中のリュックを小さく見せかけてガッツリ仕込んで行くしかないな。。。(苦笑)
[PR]
by yusukerino | 2010-02-27 13:46 | 日常(Quotidiano)


イタリア滞在中に撮り歩いた風景や食べ物をご紹介しております。


by yusukerino

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
あいさつ(Saluti)
出発準備(Preparazioni)
イタリア(Italiana)
ピッツァ(Pizza)
料理(Cucinando)
E-620(OLYMPUS)
日常(Quotidiano)
旅行(Buon Viaggio)

以前の記事

2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
more...

タグ

(38)
(26)
(18)
(11)
(11)
(10)
(10)
(6)
(4)
(4)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)

お気に入りブログ

うちの食卓 Non so...
自然風の自然風だより
ぼのこじ日記
知穂日記
フィレンツェ田舎生活便り2
のんびり、気ままな写真日記
おいしい田舎から...d...
Sakura's Eye

A TAVOLA ! イ...
 songs from ...
アモーレがいっぱい
ときふぉと
vado in giro
あわじしまっこ、フィレン...
くまさん一家の旅日記
とことこ写真館
Teeny Weeny ...
Cerise*Cerise*
Au revoir
photo diary ...
Io sono un g...
Irene Cahen ...
一皿の物語*La sto...

外部ブログリンク

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30